ニューヨークでMACを買うとどれくらい安いのか

ネットでニューヨークでMACはどれくらい安いのかという質問をたくさん見かけたので、実際にどれくらい安いのか調べて見ました!

( ※2018年4月)

 

ニューヨークの消費税は8.875%です。

アメリカの値段は本体価格で表示してます。

 

リップ


f:id:lillynoblog:20180420062837j:image

【リップ】

■リップスティック 税込 3,240円   $18.50

■レトロマットリキッドリップカラー 税込 3,996円 $12.60-$21.00

 

グロス

■リップガラス 税込 2,808円 $17.50

■ダズルガラス 税込 2,80.50 $17.50

■バーシーカラー バーニッシュ クリーム リップ ステイン 税込 3,672円  $21.00

 

【リップペンシル】

■リップペンシル 税込 2,592円 $18.00

■リップテンシティリップペンシル 税込 2,910円  $21.00

■プロロングウェア リップペンシル 税込 2,916円 $21.00

 

アイ


f:id:lillynoblog:20180420064807j:image

 

【アイシャドウ】

■アイシャドウ 税込 2,700円  $17.00

■エクストラディメンション アイシャドウ 税込 3,132円 $20.00

■ダズルアイシャドウ 税込 3,132円  $19.00

■アイシャドウ ×9 税込 5,832円  $21.00

 

【アイライナー】

■ブラシストローク ライナー 税込 3,240円 $21.00

■テクナコール 税込  2,808円 $18.00

■アイコール 税込 2,376円 $18.00

■リキッドラストライナー 税込 3,456円 $21.00

 

【マスカラ】

■エクステンディッド プレイギガブラックラッシュ 税込 2,592円  $19.00

■フォルス ラッシュマキシマイザー 税込 2,592円 $19.00

 

【アイブロウ】

■グレイトブロウ 税込 4,104円 $30.00

■ブロウセット税込 2,808円 $19.00

 

フェイス


f:id:lillynoblog:20180420071428j:image

 【ファンデーション】

■スタジオフィックス フルイッド SPF15 税込 4,752円 $30.00

■プロロングウェア ウォータープルーフ ファンデーション 税込 5,076円 $36.00

■スタジオ ウォーターウェイト SPF 30 ファンデーション 税込 5,184円 $36.00

 

【チーク】

■エクストラディメンション ブラッシュ

税込 3,780円 $29.00

■ミネラライズブラッシュ 税込 3,780円 $29.00

■パウダーブラッシュ 税込 3,456円 $24.00

■クリームカラーベース 税込 3,456円  $24.00

 

【パウダー】

■ミネラライズスキンフィニッシュ 税込 4,860円 $34.00

■スタジオフィックスパーフェクティング パウダー 税込 4,536円 $29.00

■ブロンジングパウダー 税込 3,456円 $28.00

 

すべての商品を調べたわけではありませんがけ現在のレート(107.6円)でもお買い得です!

タイムズスクエアMACだとブラシやツール類も充実しているのでオススメです。

ではお買い物楽しんでください!

【ニューヨーク】MUJI(無印良品)にコスメは売っているのか

マンハッタンの無印行ってきた

この前化粧品を小分けにするのに容器やらなんやら欲しくて無印に行きました。

 
f:id:lillynoblog:20180418055058j:image

f:id:lillynoblog:20180418055126j:image

↑無印と目の前のパブリックライブラリー。

 

無印はマンハッタン内に現在5店舗。私が一番行く店舗は5th Ave.にあるパブリックライブラリー目の前の無印。

 工事中で、ライブラリー側から見るとMUJIがあるって気づかないかも。

 

475 5th Ave, New York, NY 10017

Google マップ

 

今回私が買いたかったのはワックスやサプリメントを入れるためのクリームケースとルースパウダー・小。


f:id:lillynoblog:20180418054903j:image

このルースパウダー、パフがの大きさが直径4mmでケースも手のひらサイズと小さく旅行用にぴったりだと思ったし、使い終わったら手持ちのルースパウダーをいれるのにいいかと!

 

いろんなところでルースパウダーケースを探しましたが、やはりこれくらいの小さいものは販売されていませんでした。

実家にたしかシュウウエムラの試供品のルースパウダーが本当に小さくて旅行用にぴったりなのになぜか持ってこなかったわたし。

 

 そもそもコスメの取り扱いがなかった


で、お店に入ってみるとクリームケースはあったものの、

f:id:lillynoblog:20180418055934j:image

日本だとメイク用品のところにコスメが置いてあるはずだけど、ない。ない~!!!

 
f:id:lillynoblog:20180418060232j:image

↑なお、基礎化粧品類はあったものの、見当たらない。

帰って無印のアメリカのサイトで確認したところ、ネットでも取り扱っていませんでした。

 アメリカ自体でコスメを取り扱っていない模様。

 

しかたがないので妥協案でクリームケースにパウダーを入れることに。

 

lillynoblog.hatenablog.com

こちらの記事で紹介しています。 

なぜコスメの取り扱いがないのか

 

ここからわたしの独断と偏見ですが、なぜアメリカの無印に化粧品(基礎化粧品を除く)の取り扱いがないのか考えてみました。

 

①日本のコスメはナチュラルすぎる

アメリカのコスメは色が強く発色するものが多く、現地の人にとっては発色が物足りないのではと思いました。

 

②バリエーションが少ない

移民がとても多いアメリカで、いろんな人種の肌色に対応出来るようにとにかくファンデーションの色はハンパない。その中で無印はたったの5色展開なので難しいところ。

アイシャドウなどの色物にしてもカラーバリエーションが少ない。

 

③日本のコスメが認知されていない

 日本の基礎化粧品はSKⅡなどセフォラに売っていて多少認知されているものの、メイクアップ用品についてはほとんど知られていないのが現状。よほど日本が好きじゃなければ知らないんじゃ…。

 

さいごに

あとでネットで知ったのですが、無印のルースパウダー・小は粉が中で散乱してパフが粉まみれになるみたいです。

これは買えなくて少しラッキーだったのかな笑

 

クリームケース入れたルースパウダーは、こぼさないように気をつけなければ行けませんが、使い心地上々です。

ヘアからメイクすべてが揃うビューティショップ【Ricy’s NYC (リッキーズ)】

Ricky's NYC (リッキーズ)


f:id:lillynoblog:20180417091534j:image

マンハッタン内にかなりの店舗があるRicky's(リッキーズ)。

グーグルマップで調べたところ、マンハッタンには14店舗ありました。

 上の写真はユニオンスクエア、ストランドブックの隣りにある店舗。

 

Ricy's 公式ホームページ

https://www.rickysnyc.com/

 

もともとニューヨークに来てからビオデルマが欲しくて探していたところ、ここにあると判明。

 
f:id:lillynoblog:20180417091635j:image

 

ずらっと置いてあります。

英語だとビオデルマじゃなくてバイオデルマと発音するのを知らなくって、ビオデルマがどこに置いてあるか聞いたときに、( 'ω')?…あ~アイオデルマのことね!と言われて、バイオデルマっていうんだーって知りました。

お値段は 250ml 10.90ドル。日本だと2,300円(@コスメさんのページから)なので安いです!

 

メイクだと有名所ではNYX、L.A.Girl、Ben Nyeなど。

ポップで奇抜なアーティスト仕様なブランドが多いです。
f:id:lillynoblog:20180417091745j:image

NYXはこの店舗の近くにフラッグシップストアがあるのでわざわざここで買わなくてもよいかと。

 
f:id:lillynoblog:20180417092144j:image
パンクなマニパニのリップ!

 ヘアコーナーにマニパニの取り扱いあります。

メイクアップツールが充実しているのがリッキーズ。ツール系が欲しいならセフォラよりリッキーズがオススメ。

ド派手なカラーのスポンジがたくさん。
f:id:lillynoblog:20180417091818j:image

 
f:id:lillynoblog:20180417091846j:image
↑メイク好きなら持っていない人はいない、ビューティーブレンダー。

このスポンジクレンザーですが、中性洗剤でも落ちないファンデーションのシミがしっかり落ちます!オススメ!(実証済)

固形タイプ、液体タイプがあります。


f:id:lillynoblog:20180417091907j:image
こんなブラシセットも置いてあります。

 

続いてネイル。
f:id:lillynoblog:20180417092742j:image

 
f:id:lillynoblog:20180417092820j:image

ネイルもここに来ればなんでもそろってます。

写真には写っていませんが、OPIもちゃんとあります。


f:id:lillynoblog:20180417092833j:image

f:id:lillynoblog:20180417092849j:image
↑お花入りのキューティクルオイルとネイルリムーバー。リムーバー可愛すぎて使うのがもったいない。


f:id:lillynoblog:20180417092236j:image

ヘアプロダクトもずらっと。

ヘアプロダクトに関してはセフォラよりリッキーズがオススメ。

 

まとめ

セフォラが一般の女の子向けのお店なら、ここは少しアーティストよりな感じがあります。アーティストバッグも取り扱いがあります。

 

写真で紹介出来ませんでしたが、アイシャドウ、リップパレットの品揃えが多いです。

セフォラに飽きたらぜひリッキーズ

へ。

ニューヨーク【NYX(ニックス)】のフラッグシップストアに行ってきた

ニューヨークのNYX(ニックス)


f:id:lillynoblog:20180415111902j:image

マンハッタンで唯一のNYX(ニックス)フラッグシップストアに行ってきました。

 

NYXの良さはL.A.発祥らしいポップで奇抜なカラーが揃っている事とプチプライスであること!ビジュアルも日本だとこんなメイクしてる人、まずいないから見てて楽しいなあ。

NYX US 公式ホームページ

NYX Professional Makeup Official Site - Professional Makeup & Beauty Products

 

 

最近日本にも表参道に再上陸しましたね!

ちなみにわたしはNYXが日本撤退後、存在を知ったのでプロダクトを試した事はありません。

 

場所はユニオンスクエアにあります!

41 Union Square W, New York, NY 10003 アメリカ合衆国

Google マップ


f:id:lillynoblog:20180415111943j:image

店内。スタジオっぽくてかっこいい。

 

定員さんがめちゃくちゃ鋭いアイライン引いてたり、まぶたがラメラメだったり、キムカーダシアンばりのメイクですごい。

メイクのことなら何でも知ってそうです。

毎日メイクに何分(何時間?)かけているのだろうか。


f:id:lillynoblog:20180415112140j:image

 入ってすぐ左側にずらっと並ぶファンデーションたち。壮観。


f:id:lillynoblog:20180415112205j:image

NYXらしいリップのカラーバリエーション。見てて面白い。奇抜カラー1本ほしいなあ。普段使いはしないだろうけど。

ツヤツヤからマットまで全てのテクスチャーが揃ってます。

f:id:lillynoblog:20180415112535j:image

このど派手なオレンジ、かわかわいい。
密集してると全部の種類が欲しくなる!

 

f:id:lillynoblog:20180415112716j:image

クレンジングコーナー。

左上のウォータークレンジングは400mlで7ドル

とお買い得だったので買いました。

 日本での価格も後で調べましたが、なんと本体価格1,500円でした。いやいや、高すぎ!!最初見間違えたかと思いました。

 

f:id:lillynoblog:20180415112820j:image

チャコールカラーのホイップクレンザー。気になる。

f:id:lillynoblog:20180415113045j:image
グリッター。使い切れそうなミニサイズ。

グリッターメイク用の下地も売っていました。

ダンサーさんのメイクとかによさげです。

 

日本でのオンラインショップ

日本に上陸したこともあり、オンラインショップ可能です。アットコスメさんが取り扱っているようです。

NYX Professional Makeup Japan Official Site - Professional Makeup & Beauty Products

 

おわりに

余談ですがNYXのことをエヌワイエックスと読んでいました…日本のオンラインショップページを確認したら、カタカナ表記されてましてニックスと読むことが判明。数年間違えてました。

 

ニューヨークのコリアンタウンで見つけたコスメ屋さん【NATURE REPUABLIC (ネイチャーリパブリック)】

ふらっと立ち寄ったコリアンタウンのコスメ屋さん【NATURE REPUBLIC(ネイチャーリパブリック)】

 
f:id:lillynoblog:20180414094743j:image

NATURE REPUBLIC(ネイチャーリパブリック)

Google マップ

 

ヨーロッパやアメリカの化粧品が大好きなので韓国のコスメは今までノーマーク。なので韓国コスメに関してはど素人です。

コリアンタウンにはご飯とか食べによく行くのですが、今回暇つぶしに色々見てみようかと。

 

 NATURE REPUBLICは韓国の自然派コスメ

 

全ての商品に自然由来の原料を使っている、韓流自然派コスメの先駆け。

「大地と水に宿る神秘の自然力」というコンセプトの元作られている。

低価格で継続して使いやすいのが魅力。

 

アメリカでも日本でも自然派コスメをよく見かけるので、ほんとに自然派コスメはどこの国でもブームになっているみたいですね。

 

 

とにかく安かった
f:id:lillynoblog:20180414095551j:image

お店に入ってすぐ左手側にずらっと大量のハンドクリームが!こんなに種類があったら気にならないわけがない。

 

$8.90で1本買うともう1本タダ。てことは1本$4.45。安いなあ。

 

吸い寄せられるようにハンドクリームコーナーへ。

 
f:id:lillynoblog:20180414095624j:image

 

なんと18種類。写真に収まりきらず16種類しか写せませんでした。ひとつずつ匂い嗅ぐと時間かかっちゃうね笑

 いろんなお客さんがくんくんしてました。

 

それにしてもパッケージがロクシタンと似ているのでロクシタンと何か関係があるのかと思いました。(なお関係ない模様)

 
f:id:lillynoblog:20180414100808j:image

私が気になった香りは、Greentea とLily。

 

Green Tea のハンドクリームってどんな香りするのかなあと思ったら、レモンみたいな香りがしました。

一番好きなのはLilyかなあ。ユリそのままのシンプルな香りで好感度高し。

テスターがほぼなくなっていたので人気っぽい。

 
f:id:lillynoblog:20180414101646j:image

 

お隣のネイルコーナー。この日は暑かったので爽やかなブルーのネイルが気になりました。$2.9。やっすいなあ。


f:id:lillynoblog:20180414103137j:image

アルコールハンドジェル。これも種類豊富でミニサイズでかわいい。


f:id:lillynoblog:20180414103150j:image
ラベンダーの香りが好きなんですけど、ラインナップの中にラベンダーの香りがあると嬉しい。テスターをくんくん。ハンドクリームでもラベンダーの香りがあったらなあ。

 


f:id:lillynoblog:20180414103337j:image

肌に優しそうなパッケージのパック。効くのかなあ。


f:id:lillynoblog:20180414103352j:image

パックセット。でかい!

 

マンハッタン内に3店舗もあった

家に帰った後調べたらなんとマンハッタン内に3店舗もありました。コリアンタウン、ユニオンスクエア近く、ソーホにあります。韓国コスメ、やりますね。

なおコリアンタウンにある店舗は2016年4月にオープンした店舗。

 

日本にもあった

日本だと唯一、直営店が新大久保にあるみたいです。

こちらは2012年7月にオープンしたお店。

直営店なので330種類と品揃え豊富。

 

新宿区百人町2-1-2 K-PLAZA2 2F

Google マップ

また公式オンラインショップあり。

NATURE REPUBLIC JAPAN

 

さいごに

マンハッタン内に3店舗お店を展開しているということは、韓国コスメの認知度は高いんだなという印象。このコスメが自然派のコスメと分からなくても、なんだか肌にすごく優しそうと思える洗練された店内と、商品のラインナップ。

日本にも素敵な自然派コスメはたくさんあるので日本も頑張ってほしいなと思うわたしでした。

【ニューヨーク】買い物しやすいマンハッタン内のSEPHORA(セフォラ)のお店ピックアップ

f:id:lillynoblog:20180413131810j:image

 

現在マンハッタンにはセフォラが16店舗あります。お店によってはすごく品ぞろえが少なかったり、狭かったり、在庫がなかったり、あるいはテスターがめちゃくちゃ汚かったり(苦笑)します。

 

わたしは出かける先々でセフォラにふらっと立ち寄ることが多いので、今までの経験でここが買い物しやすかったなってお店を私の主観でアクセス、雰囲気、在庫がある確率に分けてピックアップしたいと思います!

 

 

5Ave.の高級感あるセフォラ

 

f:id:lillynoblog:20180412132919j:image

580 5th Ave #1, New York, NY 10017

Google マップ

アクセス★★☆
雰囲気 ★★★
在庫 ★☆☆

 

私が1番良く行く店舗。

5th Ave St.からウィンドウショッピングしながら行くのが楽しい。ここの通りは全てのお店が揃ってるため買い物はここ。

 

天井が高く開放感のある雰囲気。陳列も綺麗です。香水コーナーが試しやすい雰囲気で好き。

5th Ave.と言えば有名な観光エリアなので土日はとにかく混んでます。午前中行くのがおすすめ。

 

lillynoblog.hatenablog.com

 ↑こちらの記事に店内写真を掲載してます。

 

コロンバスサークル前ショッピングモール内

 

f:id:lillynoblog:20180412135547j:image

10 Columbus Cir Space #201, New York, NY 10019

Google マップ

アクセス★★★
雰囲気 ★★★
在庫 ★★☆

 

コロンブスサークル前にあるショッピングモールの2階にあるセフォラ。ちょうど隣にMACもあるので便利。

しかもここはいつ行っても比較的空いています!

このショッピングモール自体がすごく混んでるって事はあまり無いです。

J.crewもホールフーズも入ってるし大好きなショッピングモール。

 

ユニオンスクエア近く

 

f:id:lillynoblog:20180412140451j:image

45 E 17th St, New York, NY 10003

Google マップ

アクセス★★★
雰囲気 ★★☆
在庫 ★★☆

 

ユニオンスクエアにあるセフォラ。

お店の敷地が迷路っぽくなっててグルグル見回るの好きです笑

 

ここもいつ行ってもそれほど混んでいないです。ここのエリアはオシャレなカフェが沢山あるので事前に調べてランチのついでに行くのが〇

近くにマンハッタンで唯一の【NYX】のフラッグシップストアがあるのでハシゴがおすすめ。

【NYX】

41 Union Square W, New York, NY 10003

Google マップ

 

在庫が無いならここに行こう!

 

f:id:lillynoblog:20180412141534j:image

100 W 32nd St, New York, NY 10001

Google マップ

アクセス★★☆
雰囲気 ★☆☆
在庫 ★★★

 

Macy's近くにあるJC Pennyというショッピングセンターの地下1階にひっそりとある、まず観光客は立ち寄らないであろうセフォラ。

近くにセフォラがもう一店舗あるため存在感がまるでありません。お店も少し古い感じがします。

 

が、人気の商品の在庫が高確率で発見できる可能性があるのはここ!

わたしもここで欲しかったハイライトをゲットすることができました。あとこの店舗の存在を知ったのも最近。メイシーズめっちゃ行ってるのに!

 

さいごに

 

ニューヨークはとにかく観光客が多いので人気のコスメの在庫はとにかくない事が多いです(もしくは転売屋さんのせいで)

けど商品数が多いおかげでそれに変わるコスメを見つけるのも面白かったり!

 

みんながセフォラに行ってお気に入りのアイテムがゲット出来ますように!

 

5泊の旅行でコスメ何持ってく?持ってく化粧品と軽量化のアイディア

f:id:lillynoblog:20180412003518j:image

もうすぐアメリカから帰国するので荷造りをしていました。

直ぐに家に帰る訳ではなく、5泊ホテルに宿泊します。

 

荷造りで1番悩むのは、必要最低限でいかに快適に過ごすか!1~2泊くらいならほんとに必要最最最低限でも我慢出来るんだけど、5泊となると、快適さも重視したいところなんですよね。

 

とりあえず5泊分の化粧品とそれ関係のものをまとめたので参考にして頂ければと思います。

 

化粧品にあまり興味のない方であれば、わたしのアイテム数は多い方だと思います。なので参考にならないかも。

けど頑張って絞ったほうです笑

 

ベース&アイメイク


f:id:lillynoblog:20180411230335j:image

上左から

・アイシャドウ

・コンシーラーパレット

・アイブロウ

・シェーディング

・チーク

・ファンデーション

・マスカラ

・アイライナーペンシル

・ビューラー

 

当たり前ですが各ジャンル一種類が原則。

 

ハイライトを持っていくかかなり迷いましたが、頬と鼻筋にちょこっと使うだけというのとルナソルのアイシャドウのハイライトカラーで代用できるのでは!と思い省きました。

 

アイテムひとつでも減らす意識が大事!


f:id:lillynoblog:20180411231054j:image

ファンデーションは瓶の容器で重いのでコンタクトケースに。

隣のピンクの蓋のものは、肌がかぶれてしまった時に皮膚科で処方してもらったもの。


f:id:lillynoblog:20180411231523j:image

これひとつで化粧水も乳液もいらないのでだいぶ荷物が減らせます。

 
f:id:lillynoblog:20180411231846j:image

念には念を、液が漏れないようにマスキングテープを貼っておきます。

 
f:id:lillynoblog:20180411234345j:image
フェイスパウダーはもともと量が少なくなったものを無印のクリームケースに移し替えていたのでそれを持っていきます。

 

ブラシでちょんちょんととって、ティッシュで余分な粉を払ってから使います。


f:id:lillynoblog:20180411234754j:image

 これもしっかりマスキングテープで固定。

 

 リップ

 

続いてリップ。
f:id:lillynoblog:20180411231929j:image

・リップクリーム

グロス

・リップスティック

 

リキッドルージュ1本で済ませようと思いましたが、最近この組み合わせにハマっていてどうしても替えられませんでした。

 

メイクブラシ

f:id:lillynoblog:20180411233158j:image

外泊していても気持ちよく過ごせるのはいつも通りメイクを仕上げられるブラシがあるから。

 

旅行用の小さいブラシキットを持っているのですが、どうしても使い勝手が悪いので普段使っているものを持っていきます。

 

・ファンデーションブラシ

・チーク、シェーディングブラシ

・フェイスパウダーブラ

・コンシーラーブラシ

・スクリューブラシ

 

チーク、シェーディングブラシはチークとシェーディングを混ぜて使っているので兼用でも問題なし。使ったあとはティッシュオフ。

 

フェイスパウダーブラシは、もともとはハイライトブラシですが、Tゾーンにしか使わないので小ぶりのもので充分。

 

コンシーラーブラシは、指で塗る手も考えたんですけど、指だとどうしても薄づきにならないので持っていくことに。

 

スクリューブラシは眉毛描くのを失敗した時の保険です。

 

ポーチにブラシを入れるところがありますが、ポーチが汚れるのが嫌なのでジップロックに入れます。

 

 ヘア&ボディ


f:id:lillynoblog:20180411234854j:image

ヘアワックス。こちらも無印のクリームケースに移しました。


f:id:lillynoblog:20180411235323j:image

 ニベアは使えるので大きめの容器に。

どちらも詰め終わったらテープで固定してます。

 
f:id:lillynoblog:20180411235845j:image

ケースに移し替えたものを並べて撮ってみました。なんだかかわいい。

 

この3つと、コンタクトケースはジップロックに入れてそのままポーチに入れます。

 

その他小物


f:id:lillynoblog:20180412000047j:image
・シェーバー

・爪切り

・ピン

・ヘアゴ

 

ピンとヘアゴムは無くしてもコンビニで買えるので必要以上持っていきません。

 

ポーチ


f:id:lillynoblog:20180412000018j:image

 お決まりの無印です。ナイロン手付ポーチ。

 

このポーチは本当に使い勝手がよく、4つくらい持っています。手持ちの瓶のファンデーションも立てたまま収納可能です。

生地に厚みがあり、コスメをしっかり保護してくれます。

 

今回はブラシ含め全部入れたところ少し余裕があるくらいに収まりました。さすが!

 

さいごに

化粧品ってひとつひとつは小さいのであれもこれもと持っていきがちですが、積み重なればかなり思い重量になってしまいます。

また種類を持っていくほど管理が大変ですし、せっかく買ったお土産も入らないなんて事になりかねないです。

 

↑これ私の友達の事なんですが、1週間の旅行でマスカラ2本、ファンデーション数種類などこだわりを捨てきれず最終的に中くらいのバニティポーチパンパン。

ポーチがかなりキャリーケースを占領してるため、帰りはお土産など全て詰められず私の持ってきた予備のバッグを貸してあげました...

 

ポーチをスマートにして旅行もスマートに行きましょう。