パーソナルカラー、スタイルにこだわりすぎて没個性になった経験

f:id:lillynoblog:20180401150928p:image

 

似合うが分からない

 

わたし19歳くらいのとき、自分がどんな服が似合うのか分からなくて完全に迷走していた時期がありました。

 

ファッション雑誌が大好きで、雑誌に掲載されていた服はすかさずネットでチェック。

そのままコーデを真似していました。

 

なのに何故か自分にフィットしている感じはしないし、オシャレと言われたことはない。

 

雑誌と同じコーデをしているのに何でおしゃれに決まらないのか、分かりませんでした。

 

 

パーソナルカラー、スタイルの診断

 

それでグーグルで「似合う服見つける方法」とかそんな感じのワードを検索しまくっていたら、パーソナルカラーパーソナルスタイルの存在を知りました。

 

(パーソナルカラー、スタイルについては検索するとたくさん記事が出てくるので知らない方は検索してみてください!)

 

 

それで近くにあるカラリストさんを検索して、その方のサロンに行くことに。

診断料は高めでしたが、ずっと自分に似合う服について悩んでいたので今回1回行けば今後ずっと役に立つし元は取れるかと思いました。

 

 

結果は、

・パーソナルカラー  ウィンター

ビビットなカラーがよく似合うと言われました。ビビットなカラーであれば、イエローベースでもいけるらしいです!

 

・骨格診断  ストレート

典型的なストレートと言われました。鎖骨がまったく出てないです。

 

・パーソナルスタイル  ソフトクラシック

高級感のあるアイテムが良く似合う。あまり装飾の必要のないタイプ。

直線的なアイテムだけでかっちり仕上げるよりは程よく曲線のアイテムも取り入れた方がいい。

 

おすすめのスタイルは、ビビットカラーを取り入れすぎるとカジュアルになりすぎるのでバッグだけとか、トップスだけビビットなカラーにして後はベーシックなカラーにするっていうスタイルをオススメされました。

 

それまでViviが好きで読んでたんでました。でもその時シンプルだけど上品な雰囲気に憧れてて、けどどうしていいか分からず悩んでいました。

カラリストさんに相談してみたら、クラッシィがシンプルなコーデが多くてオススメですよ~!と言われ、帰りに本屋ですぐにクラッシィを買いました。

 

今は違和感なく読めるようになりましたが、その時はだいぶ大人びた雑誌で読みにくかったな。

 

パーソナルカラー、スタイルを忠実に守ったら...

 

それでそのあといろいろ服屋さんに行ってなるべくベーシックな形の、パーソナルカラーに合った、サロンで学んだ知識を駆使して服を選んでいきました。

 

そしてついには小物もベーシックでシンプルなものを追求し続けたら...

 

 

 

見た目めっちゃつまらなくなりました...。

あと服選びが楽しくなくなった。

服屋に行ってもつまんない。

 

完全に没個性。

 

まだVivi読んでた頃の方が良かったです。

服とかは完璧に似合ってなくても自分らしさ出てた気がします...。

 

ソフトクラシックって特性上、そうなるのも仕方がないんですけど、目指してたものとなんか違くて。

 

そこまでやらなくていいんじゃ...ってくらいアクセサリーから小物までストイックに厳選していたんですね。

 

リハビリ

 

それから反省してリハビリしました。

 

今までストイックになりすぎていた分、似合わない色とかスタイルを身につけると拒絶反応が...

 

まずは似合わないけど、好きな色のネイルを塗るとか、キャラものの小物を持つとか!

 

最初はそわそわしてしょうがないんですけど、慣れてくると好きで選んだものってやっぱりウキウキしてくるんですよ!

 

好きを優先するのって心の栄養です!

似合うも大事だけど、似合うだけを優先しすぎると自分らしさがなくなると思うんです。あと楽しくない...。

 

好きなもの身につけるだけでルンルンしますよね。

 

わたしは完璧主義なところがあるのでだいぶ偏ってしまいましたがバランスをとるのって大事だなって学びました。

 

今は似合うものが好きになってきたので服選びがたのしいです。

 

さいごに

 

いろんなカラリストさんのブログにも、あまりにもパーソナルカラー、スタイルに忠実になりすぎないようにって同じようなことが書いてある記事を見かけるのですが、

これってパーソナルカラー、スタイルを知った人は1回は通る道なのかなって思います。

 

 

診断を受けて、型を知って、破ったときに本当に似合いつつその人らしさのスタイルが完成するんだと思います。