1軍コスメの収納に無印のメイクボックスは最強。ぴったり収まるよ!

無印のメイクボックスが最強の理由とは

 

わたしの1軍コスメの収納をご紹介。

 

コスメって沢山あると、使いやすく収納するのが難しい。すぐに迷子になるし、使いたい時にアイテムが見つからないってすごくストレスです。

結局見つからず妥協して選んだアイテムでメイクしあげてもテンション上がらずで。

 

なので、今までいろんな方のコスメ収納を参考にして試行錯誤してきました。

そして今はこの形に落ち着いています。

 

f:id:lillynoblog:20180404132918j:image

無印良品のナイロンメイクボックス・中

税込 1,890円

 

無印のメイクボックスは大好きで、小中大すべてのサイズを持っています。大は数個持ってて、コスメ入れの他に、裁縫道具入れとかネイル道具入れに使ってます。

このメイクボックス中は使い始めてから2年くらい。

シンプルで部屋に置いても視界の邪魔にならないです。

ナイロンなので汚れてもウェットティッシュでさっと拭くだけで綺麗に保てます。

 

その中でもコスメ収納には中サイズが1番お気入りです。小さすぎず、大きすぎず、アイテムが無駄なくミニマルに収まります。

 

 

ボックスの中の収納術

 

f:id:lillynoblog:20180404132936j:image

中身。蓋のポケットにはリップライナーとヘアクリップ。

 

f:id:lillynoblog:20180404133058j:image

 

左側はポケットにホットビューラー、ビューラー、スパチュラ、爪切りなどの道具系。アホ毛止めるクリップとか入れてます。

左側のポケットは縁にゴムが入っているのでびよーんと伸びます。

なので部分用ビューラー、普通のビューラー2つが楽々入れられます。

 

その隣のスペースにはファンデーション、下地などの瓶系、アイシャドウ、フェイスパウダーなどのコンパクト系。

(アイシャドウたくさん持ってますが他にアイシャドウ専用ケースを作ってます。最近はひとつのアイシャドウを一途に使いたい傾向にあるため、このボックスに2種類くらい入れてそれをひたすら使ってます。)

 

右側は、仕分けケースにマスカラ、アイライナー、アイブロー一式、グロスとリップをちょこっと入れてます。

 

このメイクボックス・中の凄いところは、仕切り付きケースがぴったりと収まって、かつ、マスカラやグロス、アイライナーのアイテムを入れても高さが程よく蓋がちゃんと閉まるところ。

 

すごく気持ちいい!

 

 

マスカラ、アイライナー収納にはこの仕切りケース

 

f:id:lillynoblog:20180404133604j:image

↑仕分けケース取り出してみました。

無印良品 ポリプロピレンメイクボックス・仕切付・1/2横ハーフ

税込290円

 

一番奥にはある程度太さのある、迷子になりにくいマスカラを。

1番手前は、1番背の低いアイブロウマスカラ。カラーがひと目でわかるように逆さまに入れてます。

 

これらのアイテム収納には結構悩みました。

よくあるペンシルスタンドだと、マスカラは迷子になることはないのですが、アイライナーが細いので迷子になる。

それにアイブロウマスカラは高さがないのでペンシルスタンドに埋まってしまいます。

また、ペンケースも検討しましたが忙しい朝にチャックを開けてガチャガチャするのも面倒です。

 

この仕切りケースは高さがないおかげで、マスカラの高さのあるものから背の低いアイブロウマスカラまで気持ちよく収納可能です。

また、6つ仕切りがあるので各アイテム別に分けることができます。(ズボラなのでここら辺は少しごちゃごちゃしてます。)

 

 

仕切りケースがあるおかげで、出かける前の忙しいときでもペンシル系は迷子にならず、さっと取り出すことが出来ます。

 

 

ダイソーでも入手可能

 

この仕切り付きケースですが、ダイソーでほぼ同じものが「積み重ねボックス」という名前で売っています。安く抑えたいのならダイソーでもいいかも。182円の節約になります。

 

 

収納のコツとまとめ

 

見ての通り、このメイクボックスには基礎化粧品類は入れていません。

基礎化粧品類はものによってはボトルが大きく収まりきらないことがあるので。それらはまた別のところに収納してます。

 

あと、あまりに大きさの違うものは一緒に収納しないようにしてます。

今までの経験上、アイテムが迷子になることが多いで。

おなじ収納ボックスには似たような大きさのアイテムを入れること。