チークはピンクベージュが1番小顔に見えるかつ可愛く見える最強バランスを持っている

f:id:lillynoblog:20180406142114j:image

アメリカではピンクベージュがかなり充実していて嬉しい!

 

日本のコスメ売り場に行くと、必ずと言って1番売れているチークの色はコーラルピンク。(テスターで一番減ってるのってコーラルピンクだよね)

イエベブルベに関わらず、日本人の肌と1番相性のよい色なので減っているのかなと。

 

わたしもコーラルピンク、青みピンク、ローズピンクのチークをよく選んでいました。(パーソナルカラーはウィンターです。)

チークを選ぶときは、パーソナルカラーを意識しつつ、 ぱっと見の色がかわいいやつ。

なので手持ちのチークは色が華やかなものばかり。ベージュなんてとんでもないって感じでした。

 

そんな私がベージュピンクのチークを使い始めたきっかけが、

ある日知り合いのメイクアップアーティストから海外のドラッグストアで買えるプチプラのベージュピンクのチークを貰ったことがありました。(たしかカバーガールのハイライトカラーとセットになってるやつ)

 

パッケージがあまり可愛くなく、ピンクベージュって地味なイメージがあったのでテンションあがらず…(笑)けどもったいないと思ってなんとなくつけたら

めっちゃ顔が小さく見える!シェーディング効果ハンパない!!

 

ということに気づいて!

 

 このチークをもらってなかったら一生ピンクベージュは試すことはなかったです。

チークはぱっと見の色の可愛さで選んじゃいけないなと思いました..

 

あと、明るいピンクは可愛いけど顔がでかく見える

 

手持ちのピンクチークと比べたところ、ピンクチークは可愛いけど、ピンクベージュと比べると顔がでかく見えます。

 

あと20代後半にさしかかるときちんとして見られたいので、かわいめピンクはすこしいたいかなと。。

チークをピンクベージュに変えるだけでググッと大人の印象になります!童顔さんはぜひためしてみてください。

 

ピンクベージュは良いとこ取り

 

ベージュのチークだけだと、立体感はすごく出るけど血色が良くなく見えて印象も良くないです。それならまだピンクチークの方がましです。

血色のない顔よりある方が表情も豊かに見えますよね。

 

かといってピンクは顔が大きく見えるので、立体感と血色がどちらも出るピンクベージュがおすすめというわけです。

 

シェーディングしなくても頬骨に沿って斜めに入れればかなり顔が引き締まりますよ!

 

MYお気に入りピンクベージュチーク

f:id:lillynoblog:20180406100157j:image

イヴ・サンローラン ブラッシュ ヴォリュプテ / No.2:セデュク トリス 

真ん中はパール入になっていますが、混ぜて使ってもそれほどキラキラしないです。

前にオリジナルパレットを作ろうとしてパンをとろうとした時に失敗してバキバキに割れてしまったけど、それでもしつこく愛用中。

f:id:lillynoblog:20180406135434j:image

バーバリー ライトグロウ 06 タンジェリン 

ブルベでも使えるオレンジベージュ。余計なパールなど入っておらず、手持ちのチークの中でも1番立体感が出ます。

見かけは地味な色ですが、コスメカウンターのタッチアップで頬に載せてもらった時におおっ!っと感動したチーク。

香水のような香りもテンションあがります。

 

まとめ

 

ピンクベージュチークは、落ち着いた印象に仕上がるので就活などにもオススメです!

 

ピンクベージュチークを持っていない人は、シェーディングと混ぜて使うとよいです。わざわざ買い直す手間も減ります!

昔買ったジルのブライトピンクのチークがだいぶ余ってるのでこの方法で消費したいと思います。