マスカラの捨て時

f:id:lillynoblog:20180410030700j:image

↑本日限りで役目を終えたヘレナのラッシュクイーン ウォータープルーフ

 現在は廃番になってますが、楽天などで買える模様。

 

このマスカラはおそらく初めて買った高いマスカラで、大切に使おうと買ったばかりの頃はあまり使っていませんでした。

なので使い切るまで本当に長かった。数年経ってます。

 

一日過ごして目の下が黒くならない最高のマスカラでした。汗をかいても全く落ちなくて、パッケージもかわいいし、手持ちのマスカラ全ての中で確実に上位に入ってます。

 

 いつ捨てるべきか

数日前からいつ捨てるべきか悩んでいました。

前までは1回で上のまつ毛と下まつ毛が一気に塗れたのですが、数日前から上のまつげだけ塗るのにも何回もブラシを出し入れして塗らなければ行けなくなってしまって、しかも綺麗に仕上がらない。あと、ダマが出来やすくなりました。

 

でも液が完全に無くなったわけではないのでまだ使えるし…と思って使い続けてました。

 

綺麗に仕上がらなくなったら捨てるべき

けどすごくストレスなんですね。何回もブラシを出し入れしてしかも綺麗に仕上がらないというのが。

そして時間が倍かかった割には綺麗に仕上がらないという。

 

液状の化粧品はどんどん粘度も高くなっていくので捨て時の見極めが難しいところ。

 

けど化粧品はあたしを美しくするために生まれてきた。という考え方があるので見切りをつけて捨てました。

あと何回もブラシ出し入れするのめんどうだもん!!

 

思い入れの強いマスカラだったので、見切りつけるまで時間かかりました。

最後はいままでありがとうさよならヘレナという気持ちでお別れ。

 

どうしても液が無くなるまで使いたい時は

ダイソーからエルファー マスカラよみガエルというマスカラ薄め液が出ていて、使ったことはないのですがけっこう評価高め。

ただ薄める分、カール力などの効果なども薄くなる模様。

あとウォータープルーフとは相性があまり良くないみたいです。

 

今回捨てようか迷ったものはウォータープルーフなのでダメそうですね。

あと個人的な考えですが、こういったものはあくまで応急処置という立ち位置なのかなと思います。

 

さいごに

液状の化粧品は劣化が早いので、マスカラもほんとは1本を一途に使い続けるのが良いのかもしれませんが、わたしはマスカラを使い分けるのが好きなので、1本を一途に、というのは難しそうです。

けど最近は古いマスカラから使うようにしています。(すこしだけ浮気をしつつ)