ニューヨークで手に入るミラノ初のコスメ【KIKO MILANO 】

 

A touch of gold - water resistant #makeup for endless summer days 🏖️ #KIKOGoldWaves

KIKO Milano Officialさん(@kikomilano)がシェアした投稿 -

 ↑今期の新作【GOLD WAVES】イエローゴールドのきらりんパッケージ。店頭で見てクレオパトラが持ってそうと思ったら公式ビジュアルのイメージはサンセットビーチでした(笑)

 

 

この前タイムズスクエアに行ったらKIKO MILANOのフラッグシップストアがありました!今まで気づかなかった…

 

名前の通り、ミラノのコスメブランドなのですが、まさかタイムズスクエアにあるとは思いませんでした!

 

日本未上陸ですが海外に多数展開してるブランドなので知らない方に紹介したいと思います!

 

KIKO MILANO (キコ ミラノ)とは

 
f:id:lillynoblog:20180411131750j:image

↑タイムススクエアにある【KIKO MILANO】ちょうどLINEストアの隣にあります。

1515 Broadway, New York, NY 10036 アメリカ合衆国

 

イタリア・ミラノで1997年に創業したコスメブランド。イタリア全土に路面ショップを展開。人気はイタリアだけにとどまらず、ヨーロッパ各地やアメリカで約600店舗が展開されており、イタリアの10代の女の子だけでなく幅広い年代、国籍の女性から支持を集めている。

 

東アジアでの店舗は現在香港のみ。

マンハッタン内では一店舗のみです。

 

圧倒的なカラー展開と種類


f:id:lillynoblog:20180411094919j:image

MACにも負けない圧倒的なカラー展開と種類が豊富。欲しい!が全部あるお店。

 

アイシャドウだけでもパレット含めカラーシャドウから、水で湿らせて使うウォーターシャドウ、クリームシャドウなど現在21種類もあります!(公式ホームページ確認)

 

 一面にプロダクトが並んでいてどれから試そうかわくわく!


f:id:lillynoblog:20180411101730j:image
↑ネイルのカラー展開が凄いです。このシリーズだと100カラー展開でなんと$2.00!!

この日はネイルコーナーの前にたくさん人がいました。

 

高品質なナチュラルコスメ【KIKO】

 

 KIKO MILANO は「活性化された」植物由来の成分を配合。

単純に植物の有効成分を配合するのではなく、科学技術との癒合でベストな効果を得られる製品作りを目指している。動物実験なし。

EUおよびFDA(アメリカ食品医薬品局)の認証を取得。

 

このこだわりがありながら、値段は$2〜からとかなりお手頃。

しかもプロダクト全てがイタリア製。 

 

f:id:lillynoblog:20180411095612j:image

↑Smart color Eyeshadow 32tone $5.00

仕上がりがマット、パール、サテン、フロストの4種類

柔らかくクリーミーなパウダーで高発色!

 
f:id:lillynoblog:20180411121328j:image
↑Water Eyeshadow 25 tone $12.00
型押しが特徴の濡らしてでもドライでも使える高発色&長持ちのシャドウなだけ12ドルと値段は少しお高め。

ハイライトカラースモーキーカラー中心の色展開のためスモーキーアイを作るのによさげ。


f:id:lillynoblog:20180411115845j:image
↑3D hydra LIPGLOSS 30 tones $10.00


f:id:lillynoblog:20180411120215j:image

特に可愛いなと思って手に取ったベイビーピンクのグロス。残念ながら在庫切れでした。

 
f:id:lillynoblog:20180411123557j:image

↑Eye Brushes $9.00〜16.00

毛量がしっかりしていました。ブラシも安いです。天然毛と合成繊維のミックス。

 

ブラシ買ってみた


f:id:lillynoblog:20180411124205j:image
f:id:lillynoblog:20180411124145j:image

アイシャドウブラシ3本。アルミ部分にさり気なくKKのロゴが。

 

1番左はなだらかに斜めカットになっていて、凹凸のあまりないアジア人顔にはフィットしそう。

 

どれも毛量が多く弾力があり、アイシャドウをたっぷり含ませることが出来るのでしっかり色を発色させることが出来ます。肌触りも問題ないです。

 
f:id:lillynoblog:20180411125450j:image

↑ブラシはどうやらMADE IN PRC (中国製)のようです。

日本に未上陸のKIKOですが、日本語表記があります。


f:id:lillynoblog:20180411125642j:image

↑オマケでヌーディカラーのリップを1本貰いました。試して見たところ、私のリップには少し白浮きしてしまったのでほかの色と混ぜるなりして使いたいと思います。

 

 

さいごに

通販で日本から買い物できるか調べてみたところ、日本への発送は対応していませんでした。

海外には多数展開しているのて海外旅行の際はお見逃しなく!